乳酸菌サプリ情報

たくさんの効果があるビフィズス菌!サプリメントでしっかり摂ろう

更新日:

ビフィズス菌という言葉を聞いたことがあっても、毎日しっかりと摂り入れられているという人はなかなか少ないのではないでしょうか。

ヨーグルトや乳製品でもビフィズス菌を摂り入れることはできますが、必要なものを食べ物だけで摂取するのは無理があります。

そんな時は、サプリメントを活用するのがおすすめ。

さまざまな種類のビフィズス菌サプリが発売されています。

ビフィズス菌とは?

人の腸内にはさまざまな菌が存在していて、ビフィズス菌は、人の腸の中に最も多くある善玉菌で、その種類も豊富です。

母乳で育つ健康な赤ちゃんの腸内は、ビフィズス菌がとても活発に活動しています。

ビフィズス菌にはたくさんの種類があり、酸に強く、お腹まで生きたままの状態で届きやすいBB536や、腸内フローラと深い関係があるB-3はダイエット効果も期待できるので、サプリメントにも多く含まれています。

ビフィズス菌が減ってしまうと腸内環境が悪化し、悪玉菌が増える原因となってしまうので、サプリメントなどで意識的に摂り入れ、腸内細菌のバランスを保つことが大切です。

ビフィズス菌の働き、効果とは?

ビフィズス菌にはさまざまな種類があり、それぞれ効能や働きが異なります。

善玉菌であるビフィズス菌は、人間の腸内環境を整える働きを全ての菌が持っているので、便秘や下痢などでお悩みの方にはすすんで摂取したい菌です。

慢性的な便秘が続いている場合は、腸内環境が悪化していることが考えられるので、腸内細菌のバランスを整えるためにも、サプリメントなどでビフィズス菌を摂るようにしましょう。

また、ビフィズス菌には殺菌効果や免疫力を高める効果があります。

腸内の悪玉菌をやっつけたり、腸内に侵入した食中毒菌などを撃退するほどの強い効果があるのです。

免疫力や抵抗力の弱い乳児ですが、腸内にビフィズス菌がたくさんあるおかげで食中毒菌などの危険な物質から体を守ることができるのです。

殺菌効果のある酢酸に腸内で変化するビフィズス菌は、風邪予防など健康管理にも役立ちます。

インフルエンザの予防にも大きな効果を期待できるので、流行する季節の前に意識して摂り入れておくのをおすすめします。

前もって感染症を防ぐだけでなく、花粉症などのアレルギー症状を改善してくれる働きもあります。

アレルギー症状には免疫が深く関係しているので、ビフィズス菌で腸内環境を整えて免疫力を高めることによって、アレルギー症状が改善されるのです。

花粉症の薬を飲んでも改善されなかった方は、一度ビフィズス菌サプリを試してみてはいかがでしょうか。

ビフィズス菌は、殺菌効果だけでなく、栄養の吸収も助けてくれるという優れた働きがあります。

消化能力の低い小さな子どもやお年寄りは積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンも豊富に含んでいるので、栄養バランスの偏りが気になっていた人にも効果を発揮してくれます。

女性に嬉しい効果として、ビフィズス菌にはダイエットを助けてくれる効果があります。

体内への脂肪の蓄積を防いで痩せやすい体へと導いてくれるので、運動やエクササイズと合わせてビフィズス菌サプリを活用すると効率的にダイエットを進めることができかもしれませんね。

ビフィズス菌配合のおすすめサプリ紹介

  • ビフィリゴ10000
    主な菌:ビフィズス菌BB536、乳酸菌EC-12

    内容量:60粒入り

    初回価格 ¥1,069
    2回目~ ¥5,184
    通常料金 ¥6,480

    ※定期コースの条件:3回

    機能性表示食品として届けられた健康食品、ビフィリゴ10000。
    その特徴は何と言っても、ビフィズス菌BB5536が含まれている点です。
    ビフィズス菌BB5536は臨床試験の結果、腸内ビフィズス菌が増え、排便回数が増えたという報告があります。
    値段はやや高いですが、それだけ効果が期待できるということ!
    スッキリしない毎日にお悩みの方は、ぜひ試してみて下さい。
    1日の使用量の目安:2粒

    ビフィリゴ10000の詳細、口コミはこちらから

どう違う?ビフィズス菌と乳酸菌

乳酸菌とビフィズス菌。

サプリメントや薬品、食べ物にも入っているのをよく見ますよね。

そんな二つの菌にはどのような違いがあるのでしょう。

いちばんの違いは、ビフィズス菌は人や動物の腸の中だけに存在する菌です。

乳酸菌は、人や動物の腸以外にも牛乳や乳製品などにも多く含まれています。

また、どちらの菌も乳酸を産生しますが、それに加えてビフィズス菌は腸内で酢酸を産生してくれます。

乳酸菌と比べて、ビフィズス菌の方が人の腸内になじみやすく、また殺菌効果などのプラスアルファの効果があることが良くわかりますね。

腸内では、乳酸菌よりもビフィズス菌の方が圧倒的に数が多く、効果や働きも格段に高いものです。

乳酸菌は乳製品にも普通に存在しているため、いつでも手軽に補うことができますが、ビフィズス菌が配合されているヨーグルトや乳製品は、実は貴重なのです。

そのため、一度、腸内の善玉菌のバランスが崩れると、なかなか必要なビフィズス菌の数を保てなくなってしまうので、サプリなどで意識をして摂取する必要があるのです。


引用元:ビフィズス菌と乳酸菌の違い|ビフィズス菌研究所

まとめ

腸内環境を整えるためにはなくてはならない善玉菌なので、サプリメントを利用して効率良く摂取するようにしましょう。

ビフィズス菌が増え、腸内環境が整うと、健康効果以外にも美容効果やダイエット効果などさまざまな効果が期待できます。

毎日の食事の中ではなかなか必要な量が補えないので、サプリメントをぜひ活用してください。

-乳酸菌サプリ情報

Copyright© 菌活腸活サプリおすすめランキング2018|口コミで比較!乳酸菌の効果とは!? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.