あなたはどの乳酸菌サプリが欲しいの?自分に合った乳酸菌サプリを選びましょう。

私たちの生活の中で、健康にも美容にも良くて、おまけにダイエットにもいいもの、そんな夢のような働きをしてくれるものって一体何だろう?

それはズバリ、乳酸菌です。

「乳酸菌」という言葉自体は聞いたことがある人も多いと思いますが、実は、多くの人が思っている以上に、体に良い効果があることをご存知でしょうか?

乳酸菌は、ヨーグルトなどの食材に含まれているため、子供からお年寄りまで、多くの方が摂取しやすいというメリットがあります。

しかし、その反面、食材から摂取した乳酸菌には、腸に届く前に、胃酸によって死滅しやすいというデメリットがあるため、これだけでは十分な効果とはいえません。

そこで注目を集めているのが、これらのデメリットを解決し、メリットだけを手軽に摂り入れやすくなった乳酸菌サプリというわけです。

乳酸菌サプリには、便秘やお腹の調子を整える以外にも、優れた効果がたくさん詰まっています。

これからその魅力をたっぷりとお伝えしていきますので、乳酸菌サプリが気になる!という方は、是非ご覧になってみてくださいね。

乳酸菌サプリによって得られる効果とは?

飲みやすい錠剤やカプセルのような形にした乳酸菌サプリは、本来乳酸菌が持つたくさんの効果をより最大限引き出すことができます。

それぞれの乳酸菌の種類によって得られる効果は異なりますが、具体的に乳酸菌が持っている効果には次のようなものがあります。

  • 便秘や下痢などの不快な症状を改善する。
  • 理想的な腸内フローラに近づけ、腸内環境を正常化する。
  • 腸内環境を整え、免疫力をアップし、様々な病気に対する抵抗力を高めることができる。
  • 腸内環境が整うことで、肌荒れや肌質改善効果が期待できる。
  • コレステロール・高血圧・高血糖などの数値を正常化させ、生活習慣病を予防することができる。
  • 免疫機能を高めることにより、不快なアレルギー症状を緩和させる効果がある。
  • 代謝アップや内臓脂肪を減らす作用により、ダイエット効果が期待できる。
  • 歯周病や歯肉炎などの予防効果。
  • 育毛・発毛効果。
  • 口臭予防効果。

乳酸菌の研究は現在も続いているため、上記以外にもますます効果が増えていきそうな勢いですが、今伝えられているだけでもこんなにたくさんの効果があるというわけです。

健康にも美容にも、ダイエットにも効果的に働くことがおわかりいただけますよね?

人間の腸というのは、脳に続く、「第2の脳」と呼ばれることもあるように、健康を司る上でとても重要な部位です。

善玉菌として腸内を整えてくれる乳酸菌は、できるだけ積極的に摂っていきたいといえますね。

乳酸菌サプリ、あなたに合った選び方とは?

乳酸菌をいつでも手軽に摂取できる乳酸菌サプリは、毎日をイキイキと生活するために非常におすすめです。

しかし、現在乳酸菌の種類がとても多いのと同様に、乳酸菌サプリの種類も多く、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いことでしょう。

そこで、選び方のポイントについていくつかお伝えしていきましょう。

自分の症状に合わせ、改善したいところに効果的かどうか考える!

乳酸菌にはたくさんの効果がありますが、乳酸菌の種類によって得られる効果は異なります。

既に紹介した効果の中から、「自分は何を改善したいのか?」、「どの効果が必要なのか?」など、自分に合わせて選ぶようにしましょう。

具体的な例として、いくつか症状に合った人気のサプリをご紹介しちゃいます。

症状別おすすめの乳酸菌サプリとは?

便通改善効果

ヘルスエイド ビフィーナEX、ヘルスエイド ビフィイーナS、善玉菌のチカラ、ビヒダスBB536、乳酸菌革命、乳酸菌EC-12など。

アレルギー改善効果

アレルケア、アレルナイトプラス、アレルライトハイパーなど。

美容効果が高い

乳酸菌革命、ヘルスエイド ビフィーナEX、ヘルスエイド ビフィーナS、植物性乳酸菌ラブレ、生命の乳酸菌7選など。

ダイエット効果が高い

プレミアムスリムビオ、フローラ美人、ビースリー、善玉菌のチカラ、スマートガネデン乳酸菌など。

生活習慣病予防効果

乳酸菌R037、善玉菌のチカラ、カングルト、乳酸菌EC-12、プロテサン、パワーLPSwith乳酸菌など。

歯周病などの予防効果

ヘルスエイド ビフィーナEX、乳酸菌革命、スーパークリッシュLS1、UHA デンタルクリアタブレットなど。

育毛効果など

ヘルスエイド ビフィーナEX、ヘルスエイド ビフィーナS、乳酸菌EC-12、乳酸菌H61リレント セルーラAXなど。

口臭予防など

UHA デンタルクリアタブレット、DHC乳酸菌EC-12、オーラルヘルスタブレット、カルグルト、女神フローラなど。

いかがですか?一言で乳酸菌といっても、その種類によって得られる効果は様々です。

まずは、自分にとって最適な乳酸菌サプリを知ることから始めましょう。

乳酸菌が生きて腸まで届くサプリと、死菌として届くサプリの違いで選ぶ!

生菌と死菌の違いについて

乳酸菌には、生きている状態の「生菌」と、死滅した状態の「死菌」という2つの形態があります。

食べ物から吸収した乳酸菌の場合は、多くが腸に届く前の胃酸によって死滅しやすく、死菌になってしまうといいます。

乳酸菌は、生菌と死菌によってそれぞれ働きが異なり、善玉菌として腸内環境に働きかけるためには、生きたまま腸に届ける必要があります。

逆に、死滅したからといって効力がなくなってしまうというわけではなく、死菌は善玉菌のエサとして働くことで、腸内を良好に保つために働きかけます。

つまりどちらか一方だけが優れているというわけではなく、生菌・死菌ともに乳酸菌として必要であるというわけです。

ただし、食べ物から摂取した乳酸菌の多くが死菌になってしまうことを考えると、乳酸菌サプリからはできれば生菌を多く補いたいといえます。

そこで注目したいのが、「生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリであるか?」というポイントです。

本来、乳酸菌には、強い胃酸に弱いという特徴があるため、胃酸に負けない工夫が必要になります。

乳酸菌サプリの場合にも、この点がしっかりと考慮されているものを選ぶことで、より高い効果が期待できるというわけです。

生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリがよくわからないという人のためにも、いくつか人気のサプリをご紹介しちゃいます。

生きたまま腸まで届くおすすめの乳酸菌サプリとは?

  • ヘルスエイド ビフィーナS、ヘルスエイド ビフィーナEX
  • 善玉菌のチカラ
  • 乳酸菌革命
  • 植物性乳酸菌ラブレ
  • ビヒダスBB536

上記のものは、生きたまま腸に届く乳酸菌サプリの中でも人気の高いものです。

選ぶ際に是非、参考にしてみてくださいね。

体への安全性を考え、余計な添加物が入っていないものを選ぶ!

乳酸菌サプリを選ぶ基準の1つとして、安全に摂取できるサプリを選ぶことが大切です。

毎日摂りたいからこそ、身体にとって、本当に必要な成分だけをこだわりたいといえるでしょう。

購入前には、まずはどんな成分が使われているのかをしっかりと確認し、「添加物が入っていないかどうか」、「自分とって不要な成分は入っていないかどうか」など、よく納得したうえで購入するようにしましょう。

最近では食物アレルギーのある方も多く、使われている成分の中にはこのようなアレルギー素材が含まれていることがあります。

成分表をよく確認し、不安のある方はご利用前に医師などに相談するのもおすすめです。

乳酸菌のデータなど、本当に信頼できる乳酸菌サプリかどうか確認!

乳酸菌サプリの中には、検査や実験などを経た正しいデータをもとに、効果が実証されているサプリがたくさんあります。

初めてのサプリ選びで、どれを選んだらいいのかわからなというときには、こういった点を参考にするのもおすすめです。

例えば…

  • 実際に腸内から生きた乳酸菌が確認できたもの。
  • 一定期間服用し、実際に便通改善効果が確認できたもの。
  • 一滴期間服用し、実際にアレルギーの数値が改善できたもの。

上記のように臨床データがわかっているものは、とても信頼度が高いといえますね。

自分にとって継続しやすい形状か?また金額的負担は大きくないかどうか?よく確認!

乳酸菌サプリの形状にはどのようなものがあるか?

  • カプセルタイプ
  • ソフトカプセルタイプ
  • 錠剤タイプ
  • 粉末タイプ
  • タブレットタイプ

上記のタイプは、サプリの形状としてよく利用されているタイプです。

水と一緒に服用するものや、なめたり噛んだりして服用できるもの、口内で溶かして飲むものなど様々ですが、長く続けるうえで無理なく利用できるものを選びましょう。

飲みにくくストレスになるようなタイプは、どうしても負担が大きく、長期的な継続が困難になります。

せっかく手軽に利用できる乳酸菌サプリですから、自分にとって使いやすい形状を選ぶようにしましょう。

購入価格についての注意点

長く継続するため重要となるのが、購入価格です。

定期購入の場合、初回はお得になるケースが多いですが、2回目からの金額は必ずしも継続しやすいとは限りません。

自分に合っていると思えるサプリに出会えても、価格が高くて続けられないのでは意味がありません。

効果と同時に、無理なく継続できる価格かどうかもしっかり検討するようにしましょう。

まずは一定期間続けてみよう!

どの乳酸菌サプリにも言えることですが、サプリというのはあくまで食品的に効果を期待するものであるため、医薬品のように即効性を求めるものではありません。

つまり、ある程度継続してからでなければ、正しい効果は判断できないというわけです。

まずはここに示したようなポイントを参考に、自身で納得できる乳酸菌サプリを選んでみましょう。

そして、数カ月程度は続けてみてください。

そのうえで自分に合っていると思える乳酸菌サプリかどうか判断してみるとよいでしょう。

乳酸菌が身体にとても良いことは、すでにたくさんの研究データからもはっきりとしています。

ですから、これだ!と思える乳酸菌サプリを見つけたら、あなたの生活の一部として、継続的に利用してみてはいかがでしょうか?

そもそも乳酸菌って何?乳酸菌について詳しく知ろう!

これまで乳酸機サプリについて紹介しましたが、そもそも「乳酸菌」って一体何なのでしょうか。

乳酸菌ってどんなもの?

乳酸菌というのは、「菌」という言葉からも分かるように細菌の一種です。

さらに、ある特定の細菌を指すのではなく、体内にある糖類を分解・発酵しながら、多量の乳酸を作り出すことができる細菌類のことを、まとめてそう呼んでいます。

ただし、乳酸を作り出せる細菌がすべて乳酸菌というわけではなく、

  • 50%以上の乳酸を作り出せること
  • 一部の例外を除いて基本的に運動しないこと
  • グラム陽性タイプに属すること
  • 細胞形態に決まりがあること

などといった条件をクリアしている細菌のみ、乳酸菌として認められています。

乳酸菌はどういった働きをするの?

昔から自然界に広がっていた乳酸菌は、私たちの生活にとって常に密接な存在として、多くの働きをしてきました。

それらは具体的に、次のような働きになります。

  • 食生活に与える働き
  • 体内での働き

食生活に与える働きとは?

食生活では、日本人が古くから親しんでいる発酵食品において、発酵を促すというとても大きな働きをしてきました。

日本人が大好きなぬか漬けを思い浮かべてみるとよく分かりますが、普通の食品であればある程度期間が経つと雑菌が繁殖してしまうため、すぐに傷んでしまいとても食べることはできません。

しかし、ぬか漬けのように発酵している食品では、乳酸が雑菌の繁殖を防いでくれるため、長く保存することができます。

また、みそやしょうゆのように熟成させて楽しむ調味料などは、発酵することでうま味が増し、かえって栄養価が高まるとともに、食べ物がより美味しくなるというメリットがあります。

このように、私たちの食生活において、乳酸菌はとてもありがたい働きをしている細菌だということがわかりますよね。

体内での働きとは?

人の腸内には、もともと良い働きを担う善玉菌と、病原性を持ち不調をもたらす悪玉菌、そして普段はおとなしく無害ながら優勢な菌に同調する日和見(ひよりみ)菌とが混在していますが、その中で乳酸菌は、善玉菌として分類されています。

腸内が良好な状態を保つためには、善玉菌・悪玉菌・日和見菌がそれぞれ20%・10%・70%のバランスを保つことが望ましく、そのためにも乳酸菌を積極的に摂り、常に善玉菌が優勢として働いている酸性状態が理想といえます。

またこのようなバランスを保ち、それぞれの菌がきまりよくまとまって、美しい花のように見えることから、腸内フローラとも呼ばれています。

近年、腸の健康を保つためには腸内フローラが重要といわれるのはこのためといえるでしょう。

しかし乳酸菌の寿命はとても短く、生きて腸にとどまることができるのは、せいぜい数日~長くても1週間程度になります。

その後、死滅した乳酸菌は善玉菌のエサとして働き、やがては体外へと排出されていくというように、摂取した乳酸菌の効果はずっと続くというわけではありません。

また、加齢や食生活の乱れ、ストレスなどによっても乳酸菌は減少しやすいため、常に積極的に補う必要があるというわけです。

乳酸菌にはどんな種類があるの?

乳酸菌というのは、ある一定の条件をクリアした細菌の総称であるため、その数や種類は本当にたくさんあります。

また、常に研究が進められているため、近年も新たな乳酸菌が加わり、ぞくぞくとその数は増えています。

現在、乳酸菌として認められているだけでも250~300種類以上と非常に多く、細かく分類すればさらにもっと多いといわれているほどです。

これらの乳酸菌の種類分けにはいくつかの方法がありますが、最も一般的に使われているのが「生息場所から見た分類方法」と「生物学的に見た分類方法」の2種類といえます。

それぞれどのような種類に分かれるのか、簡単に説明しておきますね。

生息場所から見た分類方法とは?

動物性乳酸菌

ヨーグルトやチーズのように、動物の乳を原料として作られた食品に生息している乳酸菌です。

植物性乳酸菌

みそ・しょうゆ・麹・つけものなどの発酵食品に含まれている乳酸菌です。

主には上記の2種類といえますが、中には近年ハマグリに含まれていることで後から加えられた「海洋性乳酸菌」や、人間の腸内に滞在する「腸菅系乳酸菌」を加える場合もあります。

生物学的に見た分類方法とは?

たくさんの乳酸菌に、それぞれ固有の名称を付けた分類方法

最も大きな単位として「属」、次に「種」、さらに細かく分ける時には最小単位の「株」を付けて表します。

一般的には略称で呼ぶことが多いですが、どの乳酸菌にも上記のような法則による正式名称があるため、ここではいくつか有名な乳酸菌を例として挙げておきたいと思います。

ラクトバチルス属カゼイ菌種IYT9029株

皆さんが最もよく知るヤクルト菌のことです。

乳酸菌シロタ株として覚えている方も多いのではないでしょうか?

ラクトバチルス属ガセリ菌種OLL2716株

ピロリ菌の洗浄効果で有名となったLG21乳酸菌です。

現在もヨーグルトで広く親しまれています。

ラクトバチルス属ブルガリクス菌種OLL1073R-1株

インフルエンザの予防効果でおなじみのR-1乳酸菌です。

免疫効果が認められ、ヨーグルトやドリンクとして親しまれています。

ラクトバチルス属アシドフィルス菌種L-92株

8週間でアレルギー症状を改善!というフレーズでおなじみの、カルピス社によるL-92乳酸菌です。

いかがですか?正式名称ではピンとこないという方も、略称なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

このようにどの乳酸菌も、上記のような法則に従って、分類されているのです。

サイトマップ

更新日:

Copyright© 乳酸菌サプリ人気ランキング2018|美容、ダイエットにおすすめの菌活口コミ比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.